【暮らしのアカデミー】Vol.3 終了

【暮らしのアカデミー】Vol.3 終了
「林業家が語る森の現状、そして、森の役割」

一昨日、青海市成木の林業家 中島さんによるワークショップが、「やのや」にて開催されました。
多くの方が森、そして林業に興味があり満員でのスタートとなりました
参加者の皆さんと、「森・林業のイメージ」、「林業と聞いて思い浮かぶカラー」などを話し合いました
ワークショップ風景02

やりがいと共に責任感や厳しさも伴う林業への印象は、ざっくり二極的。
緑、茶色などの自然の循環を想起させる優しげなイメージが挙がった一方で、林業として様々な問題を抱える現状から、
グレーや、シルバー(職人的、いぶし銀)といったイメージを持つ人もいました。

そして、林業家中島さんによる、「森の機能」と「東京の森」のお話に。
東京にいながら東京の森のことをほとんど知らない私たち
改めて、巨大な都市部のすぐ近くにある「東京の森」のアドバンテージに、しみじみ気付かされました。
ワークショップ風景

林業を生業とする東京都青梅市成木地区と、森・林業に興味を持つ都市部の人、その間の架け橋は何なのか
参加者みんなんで考えて見ました
熱のこもった意見交換、そして多くのアイデが出され、林業が活性化するには自分たちに何ができるのか、
成木地区を再生するにはどうしたらよいのか 
などなど

来年1月には実際に森に入り、五感で森を体験しようと思います
お時間ある方はぜひ参加をしてみて下さい

参加をしていただいた皆様、ありがとうございました
ワークショップ風景03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>