【暮らしの豆知識】05

「暮らしのアカデミー」Vol.3林業家が語る森の現状、そして森の役割
の開催前に知っておきたい豆知識です。

日本の森の荒廃

日本の森に目を向けてみると、世界とは大きく異なります
日本の森はなくなっているのではなく、荒れています
どうして荒れているのでしょうか?
実は、第二次世界大戦の後、燃料や材木にするために、各地で大量の木が伐採されました
木を切った後には、成長が早く、加工がしやすい杉やヒノキが植林されました
これが人工林です
戦後、高度経済成長によって日本が豊かになるにつれ、住宅を建てるための材木が大量に必要となりました
国内の木材だけでは足りなくなり、やがて海外から、安い木材を輸入するようになります
今では木材のおよそ80%を輸入に頼っています
輸入材に押されて、国産の材木の値段はどんどん下がりました
植林した森を手入れしても採算が合わなくなってしまったのです。こうして林業に携わる人の数も減り、
日本の森が荒れているのが現状です
日本の森
IMG_94021

「暮らしのアカデミー」Vol.3林業家が語る森の現状、そして森の役割
日時 2014年11月7日 金曜日
時間 19:00~
場所 やのや
講師 青梅市成木地区林業家 中島大輔さん
参加費 3,000円(ワークショップ終了後、林業家中島さんを囲んでの懇親会費を含みます)
定員 :10名(定員になりしだい締め切らせて頂きます)
申し込み方法 ※定員に達しましたので、締め切りました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>