暮らしのアカデミー Vol.3 林業家が語る森の現状、そして森の役割

森は世界全体で見ると、どんどん減少していると言うのが大きな問題になっています
それは、地球の人口が増えたから木材の使用量も増えて、森の木の成長がそれに追いついていかないと言う事が一番の原因ではないでしょうか

ところが日本の場合は、森が減っているのではなくて、「森が荒れている」と言うのが現状で、大きな問題となっています

日本は世界の中でも有数の森林大国でありながら、森を守っている林業が衰退の一途をたどっています
そして、林業の衰退の理由には、いろいろな要因が上げられます
業としての構造不全、過疎・少子高齢化による後継者不足、未植栽地・放置林の拡大、所有者問題などなど

次回は、そんな日本の林業が抱えている問題を、東京の青梅市成木地区の若手林業家中島大輔さんが熱く語ります
「林業家が語る森の現状、そして森の役割」
林業家とのワークショップです
木、森、そして林業に興味のある方必見です!
ご期待ください

mori00


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>