【暮らしのアカデミー】Vol.9 終了

『暮らしのアカデミー』Vol.9
 「流域のつながりから考える私たちの豊かなくらし 〜多摩川源流大学の挑戦〜」
のワークショップが終わりました。
今回は多摩川源流大学の取り組みを、東京農業大学の矢野加奈子さんに紹介してもらいました。
田舎が高齢化かつ過疎化により、限界集落になり消滅の危機に面しているというが、
これからは、流域という1つの視点で考えると、実は都会が危機であると。
IMG_279800

多摩川の上流域にある小菅村では、水を汚すと下流域の人に迷惑がかかると言って生活をしている
一方、我々下流域の人は、上流域の人たちを考えて暮らしているのでしょうか。
都市部の私たちは、「田舎」と「都会」という視点ではなく、「流域」というもうひとつの視点で
考えて行かなければいけないのではないでしょうか。
IMG_281800

自分たちの地域だけを考えるのではなく、「流域」意識を持ちながら、地域を想う、そんな3つのポイントを教わりました。
●地域に関わり続けること
●地域で行動し続けること
●地域を考え続けること

お話の後は、小菅村のひのきの間伐材を使ってアイスクリーム用のスプーンを削り上げ、
小菅村産のはちみつを、バニラアイスにかけて、みんなで楽しい座談会。
小菅村の魅力の一部を堪能しました。
これからも、多摩川源流大学の活動に注目です。
この源流大学は一般の方も参加できるプログラムも用意されています。

「源流大学」HPはこちら

IMG_283600
IMG_284200


「奈良県五條市まちづくりスタディツアー」@五條市 終了

2月27日-28日に開催された奈良県五條市まちづくりスタディツアーが無事終わりました。IMG_245100

歴史的資産が多く残る五條市、一方、その地域の資産を活用しきれていない現実があります。
五條市の中心には、江戸時代の建物が多く残る五條新町があり、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
この五條新町は直線で700mと長い街並みとなっていますが、人が回遊するという点ではまだまだ課題の残る地域でした。
IMG_260800
最終日は、参加者、そして五條市、地元NPO法人大和社中の方々も参加をして頂き、楽しいまちづくりワークショップを開催することが出来ました。
五條市の魅力、そして問題点、課題などを全員で考え、テーマごとにグループで発表をして頂きました。
今後は、参加者ひとりひとりが五條市のファンになり、また、新しいファンをつくっていくことが我々がこのツアーに参加した意義があるのだと思います。
参加して頂いた皆様、お疲れ様でした。
そしてツアーを盛り上げて頂いた、NPO法人大和社中の皆様には大変お世話になりました。
御礼を申し上げます。
IMG_257600
IMG_259300