【暮らしの豆知識】09 重要伝統的建造物群保存地区

重要伝統的建造物群保存地区は、日本の文化財保護法に規定する文化財種別のひとつです。
日本の市町村が条例などにより決定した伝統的建造物群保存地区のうち、
文化財保護法第144条の規定に基づき、特に価値が高いものとして国(文部科学大臣)が
選定したものです。
略称は重伝建地区(じゅうでんけんちく)
2014年(平成26年)12月現在、日本全国で43道府県89市町村の109地区が選定されています。
今回行うまちづくりスタディツアーのモデルとなる五條市には、
五條新町通り(伊勢街道)界隈がこの重伝建地区に指定されています。
慶長13年(1608年)に筒井氏の家臣であった松倉重政が二見城城主に封じられて五條・須恵を領し、
五條と二見の間に形成された新町村を町場として発展させた城下町を起源とする地区で、
新町村は東・中・西町からなり、元和9年(1623年)には約95軒の家があり、
現状の約110軒と大差がない町並みが形成されていました。
現在、当地区内の建造物330棟のうち143棟が伝統的建築物として特定されています。
今回のスタディツアーではこの伝統建築物をいかに地域の資産として活用していくかがポイントなります。
1280px-130629_Gojo_Shinmachi_Gojo_Nara_pref_Japan14s3


【暮らしのアカデミー】Vol.8 終了

「暮らしのアカデミー」vol8.では、「防災」について学びました。
一般社団法人「地盤診断機構」田中理事長を
お招きして、「震災」について、みんなで考えてみました。
IMG_2240-00

「地盤」「地形」「活断層」
などをキーワードに、
まさに自分たちの足元を見詰め直す学びが沢山ありました。
IMG_2264-00

さらに、特別講師をお招きして、東日本大震災をきっかけに注目を集めた「防災食」についての話をお聞きしました
知っていそうで知らない防災食の話
備蓄するだけで安心してしまい、いざというときに、正しく安全に
活用する方法についてまで、頭が回っていなかったり。
今回は、「ローリングストック法」というかしこい食材の“やりくりの仕方”を学びました。
IMG_2298-00

※「ローリングストック法」とは…、
ローリングとは「循環型」を意味し、ストックとは「備蓄」を意味します。
この方法は、防災食として準備してあった食品を週に一度、あるいは月に一度のペースで
きちんと消費し、中身をサイクルさせましょうという、
非常食の備蓄方法です。


「奈良県五條市まちづくりスタディツアー」出張ワークショップ @五條市

五条市スタディツアー 
今回の「暮らしのアカデミー」では、泊まりがけのまちづくりスタディツアーを実施します。
フィールドは、奈良県の南西部に位置する、『五條市』です。
五條市には新町通りという町並み保存地区があります
新町通りは旧紀州街道沿いにあり、昭和和50年(1975)の調査では、江戸時代の建物が77棟、明治時代の建物が19棟が今なお残っています
そして、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている地区です

自然と文化が交わるこの地には、町家一軒貸しのお宿「やなせ屋」や、
かつての豪商屋敷の風情を今に伝える「岡橋邸」など、
豊かな地域資産が、まだまだ数多く残っています。

そんな地域のお宝を活かして、空き家問題の解消や、交流人口の増加等を図るアイデアを、みんなで楽しく出し合い、五條市の再生を外からみた目でアイデアを出し合う、まちづくりスタディツアーを開催いたします

[日時]2015年 2月27日(金)〜28日(土)
[日程]  (1日目)
 13:00「近鉄福神駅」集合 観光バスにて五條市視察
 17:00 お宿に到着
 19:00 日本料理店「五條源兵衛」にて懇親会
 21:00 宿泊
(2日目)
 9:00 「五條市活性化ワークショップ」
 12:00 観光バスにて駅まで移動
 13:00「近鉄福神駅」にて解散[集合場所]
     近鉄福神駅:奈良県吉野郡大淀町薬水559-4
※往復共、近鉄線福神駅までのご移動は、各自お手配となります。
[参加費]
一般:13,000円(「岡橋邸」宿泊)
学生:9,000円(「岡橋邸」宿泊)
※ツアー内のお食事・施設利用費、旅行保険代金などを含みます。
※お宿は4つあり、それぞれに料金が変わってきますが、基本、「岡橋邸」でのご宿泊になります。
※他のお宿利用に関しては、後日、お伝えいたします。
※ツアー代金については、当日、集金させていただく予定です。

[企画] G&Cコンサルティング
[ワークショップ講師]
  一般社団法人「古民家活用まちづくり機構」代表理事・矢野 恒
[定員]25名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)

申し込み方法 下記よりお申込み下さい
       「題名」に五條市スタディツアーとお書き下さい

ワークショップ参加の方はこちらから  


【暮らしのアカデミー】Vol.8 「多発する自然災害、あなたの地域、家は本当に大丈夫?」

頻繁に起きる震災、そして土砂災害や火山噴火と自然災害が多発しています。
そして、土木技術では乗り越えることが出来ないほど、自然の猛威が上回ってきています。
「地域防災」の重要性がとても大切な今日。

今回の「暮らしのアカデミー」では、防災をテーマに、みなさんと一緒に
学んでいきたいと思います。

●あなたの家の周辺地盤を..知っていますか?
●地盤とはいったい何でしょう?
●危ない土地の見分け方、 ズバリこれ!
●見えない活断層の怖さを知る!

上のような点を中心に、一般社団法人「地盤診断機構」代表理事田中昌明さん
にお話いただきます。

一人ひとりが防災を学び、自助、そして共助とは何かを、
きちんと考えるきっかけになれればと思います。
近隣が互いに助け合って、地域を守ることの大切さを、
一緒に学んでいきましょう!
Print
[日時]2015年2月21日(土)
[時間] 14:00〜16:00
[場所]「やのや」
    東京都中野区新井2-38-9
    JR中野駅北口 徒歩8分
[参加費]300円
    紅茶とお茶菓子をお楽しみください!
[講師]一般社団法人「地盤診断機構」代表理事・田中昌明さん
[定員]10〜12名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)
[申し込み方法] 下記よりお申込み下さい
        「題名」にワークショップ名をお書き下さい

ワークショップ参加の方はこちらから  


【暮らしのアカデミー】Vol.7 終了

2015年1月17日(土曜日)に【暮らしのアカデミー】Vol.7 「陶のアクセサリー作り」ワークショップが無事終了しました。
IMG_1838101-00

陶芸家・須藤圭太さんを先生に迎え、参加者の皆さんが陶のアクセサリー作りを楽しみました。
そして、陶芸の歴史、産地と種類、そして、製造行程(成形、乾燥、素焼き、下絵付け、施釉、本焼き、などなど)
といった、陶芸一般の解説も行われました。
IMG_1858-00

素焼きの型に下絵具顔料を塗って、思い思いのデザインを施していきます。
水彩絵の具の要領で、色を組み合わせつつカラフルに絵筆を動かして、イメージをかたちにしていきます。
型はもちろん「土」なので、顔料がすーっと薄く染み込んでいってしまい、
細かい図柄を描くのは結構、難しいのですが、みなさん、ものすごく細密なデザインでした。
IMG_1853-00

皆さん時間を忘れ、無言で部屋はシーンとしていました(笑)
何かに集中するというのは、やっぱり、気持ちがいいものです。
IMG_1835-00

そうして、できた作品たちは、実に個性豊かなものばかりでした。
釉薬(ゆうやく)掛けや本焼きは、須藤さんに託します。
今から完成が待ち遠しいです。
このワークショップを通じて、ものづくりの楽しさ、
そして「陶器」の存在がぐっと身近になったのではないでしょうか。
参加者して頂いた皆様、そして須藤さん、ありがとうございました。
IMG_1859-00


【暮らしの豆知識】08 陶器と磁器の、ちがい

『暮らしのアカデミー』Vol.7「陶のアクセサリー作り、ワークショップ」
に関わる豆知識です
豆知識08

「陶器と磁器の、ちがい」
陶芸と言えばその素材は粘土というのは、みなさんご存知のことかと思います。
では、その粘土にも種類があって、ご自宅で使用されている食器にも
大きく分けると「陶器」と「磁器」の2種類があるのをご存知でしょうか。

陶器は陶土で作られた器、磁器は磁土で作られた器です。
この陶土と磁土は同じ粘土でも成分や性質が違っていて、
見た目も大きく違います。
まず陶土の原料が土なのに対し、磁土の原料は石です。なので、
陶器を“土もの”、磁器を“石もの”などと呼ぶこともあります。
そして焼成の温度も違います。
一般的な陶土の焼成温度が1230〜1250℃なのに対し、
磁土は1280〜1300℃と、陶土よりも高い温度で焼成するのが一般的です。
また焼きあがった見た目も違います。
焼成後の陶土の素地はザラザラしており、水を垂らすとすぅっと吸い込みます。
磁土の場合は焼成後の素地はきめ細かく非常に滑らかで、
水を垂らしても吸い込みません。

このように陶器と磁器には、その原料である粘土の性質に大きな違いがあるのです。
では簡単な陶器と磁器の見分け方を、お教えしましょう。器をひっくり返して、
釉薬がついていない底の部分を見て下さい。
素地の色が赤や茶色だったり、白や黒いつぶつぶがあったり、
ざらざらとした肌触りのものは、大抵陶器です。和食器と呼ばれているものは、
陶器であることが多いです。
また素地部分が真っ白できめ細やかな器は磁器の可能性が高いです。
磁器は洋食器に良く使用されているので欧米の食器メーカーのものは磁器だと
思っていただいて間違いないです。

もし、興味がありましたら、ご自宅の器を取り出して、それが陶器なのか、磁器なのか見てみて下さい。
今まで何気なく使っていた器が、少し違って見えてくるかもしれません。
もちろん、陶器、磁器どちらが優れているとか高価だとかは全くありません。
使う方の好みに合った器をお使いいただくのが一番ですので、
今まで通りご自宅の器たちを末長くご愛用ください。

『暮らしのアカデミー』Vol.7「陶のアクセサリー作り、ワークショップ」
日時 2015年1月17日 土曜日
時間 14:00~16:00
場所 やのや
講師 陶芸家・須藤圭太(すとうけいた)さん
参加費 2,000円
定員 :10名
申し込み方法 ※定員に達しましたので、締め切りました


【暮らしのアカデミー】Vol.6 終了

1月12日(月曜日)、【暮らしのアカデミー】Vol.6 五感で森を体験のワークショップが行われ、多くの方に参加をしてい頂きました
IMG_1742-00

2014年11月7日、青海市成木の林業家 中島さんによるワークショップが、「やのや」にて開催されました。
そして、今回、中島さんのフィールドである青梅市成木の森に入り、参加者全員で竹林整備を行いました
いざ森に入ってみると、森の中に竹が寝食をして、木の成長を妨げています
IMG_1747-00

この、侵入竹林の間伐作業を青梅市成木の林業家 中島さんのご指導の下行われました
一本一本、竹を間伐していく地道な作業です。
IMG_1764-00

それでも、こうしてみんなで汗を流すことで、少しですが、森の中に空色が広がったような気がします
作業を通して、初めて、日々、森を守ってくれている林業家さんたちの努力が実感できます
ご参加者のみなさん、本当にありがとうございました!
IMG_1766-00


【暮らしのアカデミー】Vol.6 五感で森を体験しよう

【暮らしのアカデミー】Vol.6 五感で森を体験

「五感で森を体験しよう! 東京の森で里山デザイン(竹林整備)」
 いよいよ、 実施日が近付いてまいりました!

第6回目の「暮らしのアカデミー」では、実際に青梅市成木に足を運んで、
竹林整備(有償ボランティア)の体験をします。
全国的に問題となっている、林地における放置竹林の拡大化。
その整備の一端を担うことで、森林空間・里山デザインの大切さを学んでいきたいと思います。
IMG_01391

※ご参加者のみなさまへ
当日のタイムテーブルや持ち物、諸注意などの詳細です
[実施内容]
・竹林整備を行います
 ⇒竹林の管理不足などにより、葉を繁らせ過ぎた放置竹林の整備を行います。
  竹を適正に間引くことで、森林環境の向上を目指します。
※その他の実施内容の詳細に関しては、決定し次第、お知らせ致します。
[ 実施日 ]
新年1月12日(月/成人の日)
[ タイムテーブル ]
9:00 JR「東青梅駅」集合
9:40〜10:00成木地区に到着+準備
       作業現場へ移動及び作業説明など
10:00〜12:00 作業(放置竹林の間伐、※1人7本程度)
12:00〜13:00  昼食
13:00〜14:30 間伐竹の集積、片付け
14:30〜15:00 清掃、着替えなど
15:00 解散(JR「東青梅駅」へ)
[ 当日の服装や準備物 ]
・基本汚れますので、汚れてもよいもの。長靴などあればベストです)
・使い慣れたノコがあれば
・作業手袋(軍手など)
・手拭い
・昼食用のお弁当など
・飲み物
・汚れても大丈夫な動きやす服(作業着など)
 ※ヘルメット、簡単な上着は準備がございます。
[諸注意]
・当日はツアー代として、おひとり500円(「東青梅駅」から成木地区までの
 運送代等)を頂戴いたします。
 どうか、ご了承下さい。
・今回は「有償ボランティア」での竹林整備になりますので、作業後に3000円をお支払いいたします。


【暮らしのアカデミー】Vol.7 「陶のアクセサリー作り」ワークショップ

本年も「やのや」では、
みなさんと一緒に、様々な日本の文化に触れていきたいと思います。

今回の「暮らしのアカデミー」では、オリジナルのアクセサリー作りを通して、
「陶(とう/焼き物)」の文化の、その一端を感じてみましょう。

今回の講師は、若手陶芸家・須藤圭太さんをお招きします。

素焼きの状態のアクセサリー型に陶芸用の絵の具を使って、
自由な発想で絵柄や模様を描き、オリジナルのアクセサリーを制作します。

制作していただいたものは、 一度お預かりし、釉薬を施した上で、
窯(かま)に入れて、1200度の高温で焼成後、アクセサリーパーツを
お付けして、後日お渡し致します。

釉薬の美しい光沢感に包まれたオリジナルデザインのアクセサリーの
制作を、どうぞお楽しみ下さい!
陶芸002

[日時]2015年1月17日(土)
[時間] 14:00〜16:00
[場所]「やのや」
    東京都中野区新井2-38-9
    JR中野駅北口 徒歩8分
[参加費]2,000円
[講師]陶芸家・
    須藤圭太(すとうけいた)さん
    http://keitasuto.jimdo.com/
[定員]8〜10名(定員に達したので、締め切らせて頂きました)


【暮らしのアカデミー】Vol.7 予告  

陶でオリジナルのアクセサリーを作る陶芸家須藤圭太さんのワークショップを近く開催いたします。
陶芸001

陶芸の制作行程では粘土で成形した後にしっかりと乾燥させ、約800度の高温で一度焼成します。
これを素焼き(すやき)と言います。
その素焼きの生地に釉薬(ゆうやく)を施し、その後1200度を超える温度で再度焼成するとこの釉薬が溶け、ガラス質に変化して美しい光沢のある焼き物が完成します。
今回のワークショップでは素焼の状態のアクセサリー型に陶芸用の絵の具を使って好きな絵柄や模様を描き、オリジナルのアクセサリーを制作します
陶芸003
陶芸002

【プロフィール】
須藤圭太 すとうけいた 陶芸家 1982年 茨城県笠間市出身 東北芸術工科大学美術科 工芸コース 卒業 京都造形芸術大学 大学院 芸術表現領域 修了 HAUTE ÉCOLE D’ART ET DE DESIGN GENÈVE/CÉRAMIQUE & POLYMÈRES (スイス) 修了 帰国後に工房を構える
個人での作家活動の他に、完全受注生産の陶磁器プロジェクト”注文の多い食器店”の運営を行っています
HP http://keitasuto.jimdo.com